先月はJKリフレ
特に秋葉原での摘発が非常に多かったですね。

 

 

今年2月には、18歳未満の少女に個室でマッサージさせたとして、警視庁は労働基準法違反の疑いで4店舗の経営者を逮捕した。

 

「本物」の18歳未満の少女が、添い寝やハグのほか、性風俗まがいの「裏オプション」で接客する店が横行している状況で、
警視庁では4月に入ってから、JKリフレで働く18歳以下の少女を「補導」の対象とする方針とした。

 

気になるのは、少女が18歳未満であることを知りながらサービスを受けた客が、なんらかの罪に問われることはないのだろうか。
調べてみました。
●「現役」の女子高生と知っていて接客を受けた客はどうなる?

 

「摘発にあたり、警察が根拠としたのは、労働基準法にある『危険有害業務』の禁止規定です」

 

「18歳未満の少女を客との添い寝などの有害な業務に就かせたことが、禁止規定に違反したものとされていますが、この禁止規定は『使用者』に対してのもので、
添い寝された客は、労働基準法上の処罰対象にされていません。

 

たとえば客が少女の身体を無理やりさわったりすれば、
『強制わいせつ罪』(刑法176条)などに問われる可能性はありますが・・・

 

「売春防止法」における売春の客や
「風営法」における違法営業の店を利用した客などと同様
お客はセーフ
なのであるww今のトコね

 

●「悪質な客は刑法の共犯規定が適用され処罰されることもありえる」

 

このようにJKリフレで、少女から「通常」の接客を受けた客は、
無理やりキスしたり、胸を触ったりしない限り、原則として処罰されない。

 

「ただ、関わり方が執拗であるなど、『処罰しない』とされている範囲を逸脱し、悪質だといえる場合は、
刑法の共犯規定(幇助犯など)が適用され、処罰されることもあり得ます。

 

こんな感じで摘発や補導があいつげば、実際には20歳以上の女性が接客する「JK風リフレ」の店が増えていくのかもしれない。

 

寂しい限りですなー

 

でもね、ちゃんと彼女たちは
自分でやっちゃってるんですww↓